産業医をお探しの方  産業医へ問合せ  



企業の健康管理の主な関心が、労働の場から危険で有害な要因を取り除くことから健康で快適な職場づくりへと移り変わってきました。
たとえ病気であっても仕事が原因であれば労災であるという考え方が強くなり、脳血管疾患や虚血性心疾患が過労死と認定されるようになりました。
病気も労災になる時代になったのです。

企業が健康管理に取り組む目的は、労災の予防であるということを忘れてはいけません。
企業は【産業医】【健康診断】【職場衛生委員会】といった制度を使って、メンタルヘルス・過重労働・メタボリックシンドローム対策に取り組み、病気が労災にならないよう配慮する責任があるのです。
このサイトは、健康管理に取り組む企業担当者に向け実際の取り組み方をご説明いたします。


 
Copyright ©2007-2010 Sangyoi Inc All rights reserved.